SUSU村パートⅡオープンしました。


by kampung_susu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
アンコールワット 2017年 春
日々の出来事
息子
家族旅行
ボルネオ旅行 2015年 夏
シンガポール旅行 2016年 春
私の住む町
祭!
はんどめいど
ヒンズー
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

シンガポールからクルーズに出発!
at 2017-11-04 23:32
シンガポールの博物館とクルー..
at 2017-10-19 23:33
シンガポールのホテル、エクセ..
at 2017-10-14 23:41
ナイトサファリ リベンジ
at 2017-10-04 00:00
シンガポール植物園(ボタニカ..
at 2017-10-03 02:28

外部リンク

画像一覧

シンガポール植物園(ボタニカルガーデン)2

前に投稿してから相変わらずかなりの日々が過ぎました。
私の元々あまりない記憶力も大幅にダウンしてますが、自分の中の思い出として書きます!(誰も見てないけど~笑)

シンガポールのボタニカルガーデン。
当然ですが植物がたくさんあります。シンガポールの国自体も緑が多く、熱帯の木々や花々が溢れてますけど。
そして、無料のボタニカルガーデンの中に有料のナショナルオーキッドガーデンがあります。
d0336014_00463527.jpg
確か大人5ドル、シルバー割あり、子供無料だったかな?
中にはもう、そこかしこにランの花。
d0336014_00522712.jpg
d0336014_00531396.jpg
d0336014_00544980.jpg
d0336014_00564965.jpg
d0336014_00572292.jpg
d0336014_01001944.jpg
d0336014_00591241.jpg
d0336014_01343598.jpg
d0336014_01345427.jpg
母のカメラには延々と花の写真が続きますが、この辺りでおしまいに。
最後にこんな大きな葉っぱ。
d0336014_01380995.jpg
さぁ、帰りましょうと出口のタクシースタンドへ行くとものすごい雨。スコールかな?
屋根のあるところでほっとしたけど、この雨でなかなかタクシーは来なかった。

[PR]
# by kampung_susu | 2017-10-02 23:23 | シンガポール旅行 2016年 春

シンガポール植物園(ボタニカルガーデン)1

植物好きの母が楽しみにしていた植物園(ボタニカルガーデン)に行きました。シンガポールで初めての世界遺産だそうです。
滞在していたグッドウッドパークホテルからタクシーで向かいます。
地図で見るとそんなに遠くないのに、一方通行が多くて時間がかかりました。
植物園は嬉しいことに無料です。
d0336014_01335274.jpg
いかにも南国植物
d0336014_01363432.jpg
ショウガ(日本語) ジンジャー(英語) ハリア(マレー語)

植物園の中のジンジャーガーデン近くにレストランがありました。妖怪はらへらしが同行していたので早速入店。
d0336014_01365055.jpg
店内
d0336014_01363885.jpg
妖怪はらへらし
d0336014_01382633.jpg
メニューではジャパニーズティー
d0336014_01381992.jpg
贅沢にもビーフステーキ
妖怪はらへらしは父親(ヒンズー教)がいないのをいいことにビーフステーキなど頼んじゃいます。
まぁ、ストレスも多々あったので目をつぶります。←甘々な母親
...このステーキはとても美味しかったそうで、今でも時々思い出して「あのステーキ、食べたいな~」と、遠い目をしてつぶやきます。
(日本ではほとんどステーキ食べさせないからな...)

写真が多いので2へ続く。

[PR]
# by kampung_susu | 2017-04-29 23:50 | シンガポール旅行 2016年 春

贅沢にもANA手ぶらサービス

先日の...って、去年の話は「先日」とは言わないと思うが(笑)トシを取ってくると去年の話もつい先日の話となる。。。とにかく時間が早くすぎるので。うん。

1年と1か月前のシンガポール旅行の話。
ダンナが行くのか行かないのか出発間際までわからなかったので、私たちの荷物だけANAの手ぶらサービスというものを利用してみた。
スーツケースを家まで取りに来てもらい、シンガポールの空港で受け取るという贅沢なサービス。
お値段も私が払えるほどなのでそんなに高くなく、ANAのマイルももらえるという。ただ、宅配便の往復割引は無かったかな。
d0336014_01115540.jpg

d0336014_01120019.jpg
こんなにキレイにビニール包装してくれました。

...私たち、このサービスを利用していたので、出発の羽田空港では呑気にしていられたはずでした。ダンナのトラブルさえなければ~(苦笑)

[PR]
# by kampung_susu | 2017-04-25 01:30 | シンガポール旅行 2016年 春

コタキナバル旅行の思い出 シーウォークやっちゃいました!

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園にあるサピ島。
私たちの泊まっていたステラハーバーリゾートの船着き場からボートが出ていました。
朝から1時間に1本程度だったかな。最終便は3時か4時頃。
係りのスタッフもホテル従業員でサピ島側にもいてくれるので色々と便利です。

ボート乗り場で仕入れた情報によると海の中をヘルメットのようなものを付けて歩くことができる海中散歩「シーウォーク」が出来るらしい。
実は沖縄でやりたかったのだけど、沖縄旅行時はオフシーズンだったので出来なかった。(何でもやりたがりの母が一番残念がっていた・・・)
ここではシルバー年齢制限?もなく簡単に出来るらしい(笑)。
子供のほうは13才からだったと思う。正確には息子はまだ年齢に達していなかったけど、身長体格で大丈夫そうだった。細かく年齢は聞かれなかった・・・←13才だよね?と聞かれたので「YES」と数え年で答えた(笑)。

予約が沢山入っているらしく午後2時の予約だった。
ところが昼頃からのスコールで予定の時間には出来そうもなかった。帰りのボートのこともあるのでどうしようかヤキモキしていたが、何としても挑戦したい母の執念が実って海に入りましたよ。
サピ島の桟橋からボートに乗って少し沖にでます。
シーウォーク専用の浮島に連れていかれそこで準備。
でっかいヘルメットのようなものをかぶります。メガネをしたままOKです。
母は「私は80歳なのよ!」と少し自慢げに言ってみますが準備をしてくれているスタッフは「はぁそうですか」とニコニコ。どうやら通じていないようです。

私たちの順番になり何も説明もないまま海に入ります。
海に入った途端、耳がキーンッと痛くなり逃げ出そうとした私。「大丈夫大丈夫」と海に戻され必死で耳抜き(苦手なの~)。
上手に耳抜きが出来た後は快適でした。
ヘルメットはずっしりと重いです。水中でも重い。
シルバー認定の母と自称13歳の息子はヘルメットをスタッフがさりげなく支えてくれていますが、横の体格のいい私は自力で耐えます。あ、このための年齢制限だったのかも。
d0336014_00461536.jpg
魚で顔が見えない(笑)。
サンゴを持たせてくれ、魚に餌をあげて楽しませてくれます。
写真撮影もしてくれます。(後でデータをくれます)
海の中ではロープを掴んで歩きます。
自称13歳の息子は後ろにいる人がさりげなくヘルメットを支えてくれています。

さっきのスコールで透明度はそんなに良くないんだよ、とのことでしたが十分に楽しめました。
オススメです!

[PR]
# by kampung_susu | 2017-03-07 00:56 | ボルネオ旅行 2015年 夏

コタキナバル旅行の思い出 サピ島

コタキナバルの旅行で・・・って2015年の話。もう1年半も過去(!)の話。

「旅行に行ったら海で泳ぎたいよぅ」と言ってた息子。
滞在したステラハーバーリゾート前の海にちょこっと入ってみたけど。

d0336014_12351490.jpg
d0336014_12183304.jpg
ホテル前のビーチでも水はきれい。
「魚が見える!」と大喜びの息子。かわいいもんです。
でもこれじゃぁ可哀そうかな、と朝食後にステラハーバーのボート乗り場に行きトゥンクアブドゥルラーマン国立公園のサピ島へのボートを予約。
ボートの出発時間まであまり時間がなかったので急いで水着に着替え(さらす気は毛頭ないけど、一応「海」ですからねぇ。。。あ、上にはワンピース着ましたよ、もちろん。)プチ興奮状態の息子を連れボート乗り場に。

実はこのため(島に簡単に渡るため)にステラハーバーリゾートに泊まっていた。(このツアーではステラハーバーとマジェランステラ、シャングリラタンジュンアル、シャングリラ ラサリア←実は私が最も泊まりたかったホテル・・・が選べた。)
d0336014_12190368.jpg
こんなボートで島に渡ります。20~30分くらいだったかな。
d0336014_13113307.jpg

島は遠浅のビーチで水もかなり澄んでいます。息子一人でシュノーケルをしていても危なくない。魚もよく見えます。
息子は大喜び!

ところが、お昼近くなってくるとお天気が怪しくなってきます。今は雨季ではないと聞いていましたが(ガイドブックにもそう書いてあるし・・・)ここ数日、朝は晴れているけどだんだん曇ってそしてスコールというお天気が続いてます。
キナバル散策でも雨に降られたし。
だんだん雲行きが怪しくなってきます。雨具など持ってきていないしとりあえずレストランのような売店のようなところに早々と避難しました。
d0336014_13372439.jpg

食べ物と飲み物を注文しようとして気が付きます。小銭しか持ってないと。
「ビーチに行くのにお金は必要ないわね。」と言いながらいくらかあったお金のほとんどはボート代(往復)と消えました。
ボートを予約した時に見つけた「海の中をヘルメットのようなものを付けて歩く」シーウォークは予約しましたが、代金はホテルでの後払いとしていたため、うっかりお金を持ってこなかった。痛恨のミス!
それでも小銭がいくらかあったので、息子はミーゴレン、母と私は一番安かったトーストを頼み、ドリンクもなんとか注文できました。

トーストを食べ始めた頃、雨が降り始めました。降り始めた、なんてものじゃなかったけど。みるみるうちに地面は川が出来て屋根代わりのシートはつなぎ目から大量の雨水が降ってくる。私たちは早めに避難していたのでいい位置に付けてたけど、後からやってきた人があまりにもかわいそうで「こっちにどうぞ」って、おしくらまんじゅう状態で雨のピークを過ごした。

因みに母はコタキナバルの旅行中一番おいしかったものはこのトーストだったそうです。

その後はシーウォークへ(続く)


[PR]
# by kampung_susu | 2017-03-06 13:55 | ボルネオ旅行 2015年 夏