2017年 03月 07日 ( 1 )

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園にあるサピ島。
私たちの泊まっていたステラハーバーリゾートの船着き場からボートが出ていました。
朝から1時間に1本程度だったかな。最終便は3時か4時頃。
係りのスタッフもホテル従業員でサピ島側にもいてくれるので色々と便利です。

ボート乗り場で仕入れた情報によると海の中をヘルメットのようなものを付けて歩くことができる海中散歩「シーウォーク」が出来るらしい。
実は沖縄でやりたかったのだけど、沖縄旅行時はオフシーズンだったので出来なかった。(何でもやりたがりの母が一番残念がっていた・・・)
ここではシルバー年齢制限?もなく簡単に出来るらしい(笑)。
子供のほうは13才からだったと思う。正確には息子はまだ年齢に達していなかったけど、身長体格で大丈夫そうだった。細かく年齢は聞かれなかった・・・←13才だよね?と聞かれたので「YES」と数え年で答えた(笑)。

予約が沢山入っているらしく午後2時の予約だった。
ところが昼頃からのスコールで予定の時間には出来そうもなかった。帰りのボートのこともあるのでどうしようかヤキモキしていたが、何としても挑戦したい母の執念が実って海に入りましたよ。
サピ島の桟橋からボートに乗って少し沖にでます。
シーウォーク専用の浮島に連れていかれそこで準備。
でっかいヘルメットのようなものをかぶります。メガネをしたままOKです。
母は「私は80歳なのよ!」と少し自慢げに言ってみますが準備をしてくれているスタッフは「はぁそうですか」とニコニコ。どうやら通じていないようです。

私たちの順番になり何も説明もないまま海に入ります。
海に入った途端、耳がキーンッと痛くなり逃げ出そうとした私。「大丈夫大丈夫」と海に戻され必死で耳抜き(苦手なの~)。
上手に耳抜きが出来た後は快適でした。
ヘルメットはずっしりと重いです。水中でも重い。
シルバー認定の母と自称13歳の息子はヘルメットをスタッフがさりげなく支えてくれていますが、横の体格のいい私は自力で耐えます。あ、このための年齢制限だったのかも。
d0336014_00461536.jpg
魚で顔が見えない(笑)。
サンゴを持たせてくれ、魚に餌をあげて楽しませてくれます。
写真撮影もしてくれます。(後でデータをくれます)
海の中ではロープを掴んで歩きます。
自称13歳の息子は後ろにいる人がさりげなくヘルメットを支えてくれています。

さっきのスコールで透明度はそんなに良くないんだよ、とのことでしたが十分に楽しめました。
オススメです!

[PR]
by kampung_susu | 2017-03-07 00:56 | ボルネオ旅行 2015年 夏

SUSU村パートⅡオープンしました。


by kampung_susu